今日の思考…2014年10月20日(月曜日)…鈴虫とコオロギーにおける源氏物語思考及びOne Last Pitch

1.仕事部屋の窓の向こうで、コオロギと鈴虫が鳴いていましてね、EXCEL打っていると、窓から長閑に聞こえてきましてね、で、「心もて草のやどりをいとへども なほ鈴虫の声ぞふりせぬ」と…いうコトで源氏物語に思いをはせていました。


秋の虫の鳴き声 コオロギと鈴虫の合唱 癒しの自然音 - YouTube

2.源氏物語は大長篇恋愛小説であります。NETも電気もない文明の匂いのない時代の恋愛はさぞかし崇高だったのでありましょう???しかし、最近私は全てのそのようなものコトを「DNA」に結びつける所がありまして、幻想と現実の中の「全てMORE BETTERへと誘う遺伝子操作」のなせる技と思考する所があり、どうもいけません。同時にロマン主義産業革命の機動力となったのですから、今の情報革命の時代に源氏物語の底力が加われば少子化問題他、相当なPOWERを発揮するのではなかろか?とも思ってもいる今日この頃です。

本日Books_Channel店頭BGMは以下の通りです。
…初めて聴いた時は驚いたものです。ルックスも声もモンクのようなPIANOも全部揃っているように見えました。やっぱり、この人は他のコトしないで、JAZZでシナトラ2.0で行くべきだと私は思っています。

サーティ

サーティ

 
Harry Connick Jr

Harry Connick Jr

 
スウィング・タイム

スウィング・タイム

 
She

She

 
ウイ・アー・イン・ラヴ

ウイ・アー・イン・ラヴ

 
Come By Me

Come By Me

 
Blue Light Red Light

Blue Light Red Light

 
Lofty's Roach Souffle

Lofty's Roach Souffle