Books Channelの本屋物語

ブックスチャンネルのBLOG日記 : NO BIRDS CAN FLY HIGHER THAN IMAGINATION : 全国に本を中心にアナログ盤(LP盤他…)等をお届けさせて頂いております。(amazonマーケットプレイス他…) Books Channel Webamsterが運営するBLOGです。書店運営は天命であり、本と音楽が可愛くて仕様がありません。…好きな言葉は2つあります。「想像力より高く飛べる鳥はいない」と「ChangeとChanceは一文字違い」です。

本日の落語…2014年12月20日 土曜日…三遊亭圓生師匠の真田小僧と談志師匠の鼠穴

いつから落語を聴いてるんだろうか???と改めて自問すると、…高校生からだと??にたどり着きます。で、高校時代、友達に朝日放送枝雀寄席に誘われて行ったのが…初落語。…で…本気で洗礼を受けたのが、上方ではなく、江戸前の…三遊亭圓生師匠で…ここからCDを買いだす。…となります。で、何がきっかけの落語だったか???となると…以下の真田小僧」だったコトを今日思い出しました。…今聴いても素晴らしい…のですが…


三遊亭圓生 「真田小僧」 - YouTube

円生百席を集め終わると…次に流れるのが、桂文楽古今亭志ん生古今亭志ん朝~…最終的には立川談志師匠となるのですが…随分と談志師匠の本を拝読させて頂きましたが…あまり圓生師匠を評価していなかったのが…後半お亡くなりになる数年は圓生師匠を褒める文書が多くなって…「オヤッ」と思いました。これは同じ位の年齢になって、見えるものが変わったのではなかろか?と思っているのですが、立川談志師匠と云えば…私は以下になります。


鼠穴(ねずみあな) ~ お言葉 立川談志 - YouTube

言葉だけの芸、言葉だけで、森羅万象全てを表現できる芸。…それが「落語」だと今も変わらず思っているワケです。