読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Books Channelの本屋物語

ブックスチャンネルのBLOG日記 : NO BIRDS CAN FLY HIGHER THAN IMAGINATION : 全国に本を中心にアナログ盤(LP盤他…)等をお届けさせて頂いております。(amazonマーケットプレイス他…) Books Channel Webamsterが運営するBLOGです。書店運営は天命であり、本と音楽が可愛くて仕様がありません。…好きな言葉は2つあります。「想像力より高く飛べる鳥はいない」と「ChangeとChanceは一文字違い」です。

仮想…「無難」なC-Am-F-Gのコミュニケ-ション進行BLOG

私のBLOGが最近音楽のカテゴリ-のが多いのは、音楽は政治とは違い無難だからだと思っているカラであります。されど音楽といえどもDEEPに行けば、無難ではなく大変コワイ世界になりえますので、注意・注意となります。本やCD・レコ-ドを長年扱っておりますもので、政治談義や音楽談義で熱くなり、常連のお客様同士が喧嘩になるというパタ-ンを何度も何度も目の前で経験しておりますので…「こんなのいいですよね。」「こんなの楽しいでしょ。」「こんなの発売しました。」位のニコニコ情報・感想が「無難」なC-Am-F-Gのコミュニケ-ション進行であると何処か血になっている所があります。「喧嘩も良し」とする価値基準も世の中にはあり、それを面白がる風情もありますが、突き詰めれば最終的には「罵詈雑言」の上、「決別」に至るワケで、決して楽しいモノではありません。「論破」という言葉も私的には好きな言葉ではありません。ハナから十人十色価値基準は違うのです。~でtention chordsを使わず「無難」な進行を選択するワケですが~当然「無難」なBLOGとなります。「無難」なBLOGでありますから~面白いワケがありません。~いつ始まったか、いつ終わったか???~何をいいたいのか?何もいっていないんじゃないのか?と~「風」のようなBLOG。となります。そんなBLOGを今日も見に来て頂き、本当に感謝の言葉もございません。「有難うございます。」

PS.私の上の「感謝の言葉もございません。」という日本語の表現は「感謝の度合いが深すぎてうまく言い表せる言葉が見つからない、言葉で表現できないほど深く感謝している」という意味で使ったワケですが~これって「いいよ」と同様、日本人らしい表現ですね。~