Books Channelの本屋物語

ブックスチャンネルのBLOG日記 : NO BIRDS CAN FLY HIGHER THAN IMAGINATION : 全国に本を中心にアナログ盤(LP盤他…)等をお届けさせて頂いております。(amazonマーケットプレイス他…) Books Channel Webamsterが運営するBLOGです。書店運営は天命であり、本と音楽が可愛くて仕様がありません。…好きな言葉は2つあります。「想像力より高く飛べる鳥はいない」と「ChangeとChanceは一文字違い」です。

日常も物語のようなものでできている。…「いらち」 篇 

1.一緒に仕事をしていて、改めて気づくコトがあり…
2.JUNはかねがね温厚な性格であると思っていたが…???
3.実は「イラチ」であると知る。
4.「イラチ」の意味とは、以下の通りです。
-大阪人の気質を表す言葉としてもよく使われる。大阪人の特徴としてよく例に挙げられる「信号が待てない」「歩くのが速い」「エスカレーターに乗ってもさらに歩く」などはその典型。-
5.そう云えば「エスカレーターに乗ってもさらに歩く」の部分は人が居なければ、私も該当致します。
6.真面目に仕事をすればする程…本来の気質が出るモノで…
7.20を超えるPROGを1ヶ月そこそこである程度把握したのは助かるのですが…兎に角「待てない」。
8.KEYBOARDの叩き方が荒い…全てにおいて処理を速くしようとして、リズムが絡まり、Errorとなる。
9.で私は始終「落ち着いて」「落ち着いて」と横で言葉をかける。の数が多いコト。
10.息子ですから、生まれた時から見ているつもりでいましたが…
11.日常は温厚で優しいヤツなのですが、「へぇ…コヤツは実は「イラチ」なんだ」と改めて気づいた2015年5月11日(月曜日)今日この頃でした。

追記…「短気」は人生も短くするは、佐藤優氏の言葉ですが、私もそう思います。
年月が経てば人は変わるという考え方もあるのですが…実際、現在の時点では私の環境下では私が一番気が長いんじゃなかろか???と秘かに思っている私です。