Books Channelの本屋物語

ブックスチャンネルのBLOG日記 : NO BIRDS CAN FLY HIGHER THAN IMAGINATION : 全国に本を中心にアナログ盤(LP盤他…)等をお届けさせて頂いております。(amazonマーケットプレイス他…) Books Channel Webamsterが運営するBLOGです。書店運営は天命であり、本と音楽が可愛くて仕様がありません。…好きな言葉は2つあります。「想像力より高く飛べる鳥はいない」と「ChangeとChanceは一文字違い」です。

落語も物語のようなものでできている。…桂文楽は明烏 と胡瓜 篇

もうね、庭の胡瓜が日増しにグングン大きくなってきまして…可愛いの何ので…まずは、SHOTで失礼致します。

f:id:books_channel:20150615102933j:plain

f:id:books_channel:20150615102921j:plain

f:id:books_channel:20150615102915j:plain

で、話は変わって…
妻が以下の本を現在読んでいましてね、「面白い」「面白い」と私に感想を伝えてくれますもので…

米朝らくごの舞台裏 (ちくま新書)

米朝らくごの舞台裏 (ちくま新書)

 

桂米朝が面白いのは百も承知の上で、この際、これからのためにも以下の江戸前落語の動画を妻に薦めました。何が凄いって…桂文楽の 「明烏」は一級品だと私は思っております。以下の2つの音声は2つ目はTV録画でして、やはり時間指定があってそれに合わせて演じられておられるのか???ピッチが速い。やはり本来は1つ目のリズムが思い存分の桂文楽の 「明烏」ではなかろか???と睨んでいる私です。…
で、文楽だろうが、円生だろうが、一級品の落語が聴きたい時に聴ける。という何という21世紀は有り難い時代なんだと改めて思った2015年6月16日(火曜日)でした。

www.youtube.com

www.youtube.com