Books Channelの本屋物語

ブックスチャンネルのBLOG日記 : NO BIRDS CAN FLY HIGHER THAN IMAGINATION : 全国に本を中心にアナログ盤(LP盤他…)等をお届けさせて頂いております。(amazonマーケットプレイス他…) Books Channel Webamsterが運営するBLOGです。書店運営は天命であり、本と音楽が可愛くて仕様がありません。…好きな言葉は2つあります。「想像力より高く飛べる鳥はいない」と「ChangeとChanceは一文字違い」です。

日常も物語のようなもので出来ている。…山田孝之が大河ドラマをやれば???&音楽コレクタ-・ショップ再思考 篇

f:id:books_channel:20160411192742g:plain

1.…で妻と会話しておりまして…山田孝之大河ドラマをやれば?…
結果「楠木正成」となる。私は興味津々の鎌倉時代末期から南北朝時代でありますが、世の中的にははあまり人気がない時代なので…どうか???と…まぁ山田孝之やれば関係ないか???

2.昨日はそれはそれはDEEPなナイアガラFANであり、一筋縄ではいかない鉄道マニアのお客様から先日「話がしたい」というリクエストを頂き、行きつけの喫茶店で3時間超えのお話する機会を頂きまして…色々勉強させて頂いたのですが…質疑応答…の一部を…

私:「なぜ師匠を敬愛するお客様は同じAlbumを2枚ないしは3枚ご購入されるのですか?」
S様:「それはお布施です。賽銭を入れさせて頂いているようなものなのです。」
私の心の中:「なるほど神であるという表現をされていらっしゃる。」
私:「ではSさんにとって師匠の最も優れたAlbumは?」
S様:「文句なくロンバケでしょう…」
私:「ではSさんにとって師匠の最も優れた曲は?」
S様:「これはね…ナイトラ2のオリーブの午后。最後のファルセットにつきます。」

ここで私の周りには、大滝FANのお客様がたくさんいらっしゃいますが、「ロンバケ」は次元が違いますので当然のコトながら、好きな曲に「オリーブの午后」をあげられるお客様が多いのでこれも~「なるほど」と改めて思った次第です。

S様が「大滝FANや山下FANが集まる場所を今一度大阪につくれないものか?そうしてくれれば全面的に協力をする。」というお言葉を頂きました。ショップ冥利につきる大変ありがたいお言葉です。…16年前、私のお店の2階は、常時レジの周りにコレクタ-のお客様がタムロする場所でもあり、全国からも新幹線でお客様が来店され、レジの横にはお客様用の椅子があり、レジでお話をさせて頂いて、店が終わってからみんなでお茶やご飯を食べに行ったり、Partyは店を借りて30-40人のコレクタ-のお客様が集まるというお店でした。思い返せば…私が家で夕食を食べるのは週に1.2回で、後は全部お客様に誘われて外食という生活だったと記憶しています。またArtistへの愛とMonoが絡む故に…Deepなコレクタ-同士のお客様はよく喧嘩をされるので、日常茶飯事の喧嘩の仲裁も私の仕事で、それはそれは楽しく…良い意味でHeavyな毎日でした。…が2000年をタ-ニングポイントに~勿論1階店頭で商品を購入するコトはできますが、現在は2階は倉庫となり、PC10台を稼働させ、商品はPICKINGでの世界に仕事の形態が変わってしまいました。気が付くと近隣の同業のお店はなくなり、随分と遠い世界に来てしまったと同時に、これは本来私が望んでいた世界ではないとも思っています。私が現在Books Channelを運営できるのも、何十年にもわたって支えて下さった常連のお客様そしてNET上のお客様がいらっしゃったからだという気持ちを私は忘れたコトがありません。経済が鈍化すれば、文化は劣化致します。現在のSystemは大変便利になったと思うと同時に、何かを失っているという意識は絶えずあり、再びみんなが余裕を持ってレコ-ドやCDを購入できる時代がくれば、私はきっと再起動させて頂くだろう…と思っていた2016/08/08 23:12でした。S様におかれましては、再度思考させて頂いたコトに心をこめて感謝を…。