八尾市古本買取全国対応 | Books Channel本屋物語

八尾市古本買取LP買取全国対応 | Books Channel本屋物語 | 読書が出来る事、本屋が出来る事、生活の中の想像力と感動に貢献させて頂く事を毎日考える本屋のブログ

#本日お薦めの新書 : ・僕は本を読むことが苦手だった:森博嗣による読書論!誰も言わない「読み方」を教えよう "読書の価値" (NHK出版新書 547) 篇 #読書 #本屋 #紙の本 #愛読書 #読者 #電子書籍 #活字中毒 #書評 #活字離れ #速読 #読書術

#本日お薦めの新書 : 読書の価値 (NHK出版新書 547) 新書 – 2018/4/6 886円 

●僕は本を読むことが苦手だった
●速読は読書とはいえない
●「つまらない本」の読み方を教えよう
●本選びで大事にすべきたったひとつの原則
●僕は一度読んだら忘れない
●「読みやすい本」には罠がある
●教養とは「保留」できる能力のことである etc.

読んでいるうちに別のことを考えてしまい、読書に集中できない、ということがあるけれど、それは願ってもない状況といえる。勉強や仕事で読んでいるのではないし、早く読み切る競争をしているわけでもない。集中しなければならない理由は一つもない。
 たびたび中断して別のことを考えるのも良い。なにか思い出したらじっくりとそれを考える。文章が頭に入らないと気づいたら、少し戻って読み直せば良い。それは損をしたのではなく、文章を二回読めたのだから得をしたと思った方が正解だ。頭に入らなかったのは、なにか理由がある。それを考えてみよう。そちらの方が大事だと思う。

何でも検索できる時代にも、本を読む意味がある――。 わからないことは何でも検索できる時代だ。娯楽だって山のように溢れている。それでも読書でしか得られないものがある――。読書が苦手でしかたのなかった少年は、どのように本と向き合い、大学教授・ベストセラー作家となったのか。並外れた発想力と知的生産術を可能にする「読書の効能」がいま明らかに! 著作累計1,600万部超を誇る作家・森博嗣が、「きれいごと」抜きに語る体験的読書論。

 

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81bEg3zE1AL.jpg

 http://booksch.com/pic/amazon301.png

著者について

森博嗣(もり・ひろし)
1957年、愛知県生まれ。小説家。工学博士。某国立大学の工学部助教授のかたわら、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。以後、続々と作品を発表し、現在までに300冊以上の著書が出版され人気を博している。小説に『スカイ・クロラ』『ヴォイド・シェイパ』、エッセィに『小説家という職業』『孤独の価値』『集中力はいらない』など。

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: NHK出版 (2018/4/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140885475
  • ISBN-13: 978-4140885475
  • 発売日: 2018/4/6
  • 梱包サイズ: 17 x 11.2 x 1.2 cm

www.jiji.com