八尾市古本買取全国対応 | Books Channel本屋物語

八尾市古本買取LP買取全国対応 | Books Channel本屋物語 | 読書が出来る事、本屋が出来る事、生活の中の想像力と感動に貢献させて頂く事を毎日考える本屋のブログ

本日の推薦Check 2020年05月08日号... コロナ危機の後には、大増税が待っているのか?【 #中野剛志 :給付金と増税の矛盾を財政の基本から糾す】#MMT #現代貨幣理論 #COVID19 #新型コロナウィルス

f:id:books_channel:20190427192013p:plain

本日の推薦Check 2020年05月08日号... コロナ危機の後には、大増税が待っているのか?【 #中野剛志 :給付金と増税の矛盾を財政の基本から糾す】#MMT #現代貨幣理論 #COVID19 #新型コロナウィルス

…ぜひご一読を…

でも、政府債務が膨れ上がったら、インフレが止まらなくなるって?
いや、政府債務が膨れ上がっただけでは、インフレにはなりません
現に、日本は、過去20年間、政府債務を膨らまし続けましたが、ずっとデフレでした
インフレとは、需要が大きすぎて、供給が追い付かないと起きる現象です。
したがって、財政赤字の拡大によって需要が大きくなり過ぎない限りは、インフレにはなりません。

つまり、日本の財政赤字は大きすぎるのではなく、小さすぎるということです。

じゃあ、財政赤字を拡大し続けて、供給が追い付かないほど需要が大きくなったら、インフレになるじゃないかって?
その通りです。ですから、財政赤字をもっと増やして、デフレを脱却しましょう


f:id:books_channel:20200407202557j:plain

中野剛志

評論家

1971年生まれ。元・京都大学工学研究科大学院准教授。専門は政治経済思想。96年に東京大学教養学部(国際関係論)を卒業、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。05年に博士号を取得。2003年、論文‘Theorising Economic Nationalism’ (Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。主な著書に『日本思想史新論』(ちくま新書、山本七平賞奨励賞)、『TPP亡国論』(集英社新書)、『国力論』(以文社)、『富国と強兵』(東洋経済新報社)、『目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】』(KKベストセラーズ)など。

 

 

日本経済学新論: 渋沢栄一から下村治まで (ちくま新書 (1492))

日本経済学新論: 渋沢栄一から下村治まで (ちくま新書 (1492))

  • 作者:中野 剛志
  • 発売日: 2020/05/07
  • メディア: 新書 :商品の説明 内容紹介 日本の近代資本主義を確立した渋沢栄一の精神は、いかに高橋是清、岸信介、下村治ら実務家たちに受け継がれたか。気鋭の評論家が国民経済思想の系譜を解明する。
 
目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】
 
富国と強兵

富国と強兵

 
MMT現代貨幣理論入門

MMT現代貨幣理論入門

 
日本の没落 (幻冬舎新書)

日本の没落 (幻冬舎新書)

  • 作者:中野 剛志
  • 発売日: 2018/05/30
  • メディア: 新書