八尾市古本買取全国対応 | Books Channel本屋物語

八尾市古本買取LP買取全国対応 | Books Channel本屋物語 | 読書が出来る事、本屋が出来る事、生活の中の想像力と感動に貢献させて頂く事を毎日考える本屋のブログ

BooksChannel meets Amazon | 2020年10月25日号 : #BRUTUS ( #ブルータス ) 特集 その3: 騎士道精神発揮、女のよろこばせ方 | 東京脱出! | フランスのワインと料理 他

f:id:books_channel:20201010210429j:plain

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81sMu1oSl5L.jpg

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91hspHY6taL.jpg

 
http://booksch.com/pic/amazon301.png

BooksChannel meets Amazon | 2020年10月25日号 : #BRUTUS ( #ブルータス ) 特集 その3: 騎士道精神発揮、女のよろこばせ方 | 東京脱出! | フランスのワインと料理 他

BRUTUS (ブルータス) 1987年 4月1日号 CASA e MODE

BRUTUS (ブルータス) 1987年 4月1日号 CASA e MODE

  • 作者:下地育男
  • 発売日: 1987/04/01
  • メディア: 雑誌
 
BRUTUS (ブルータス) 1985年 8月15日号 東京脱出!

BRUTUS (ブルータス) 1985年 8月15日号 東京脱出!

  • 作者:石川次郎
  • 発売日: 1985/08/15
  • メディア: 雑誌
 


f:id:books_channel:20200630150953j:plain

 


BooksChannel Meets Amazon.co.jp : BRUTUS 雑誌

BRUTUS(ブルータス)は、株式会社マガジンハウスが発売するライフスタイル情報誌です。

1980年代

雑誌『ポパイ』の創刊(1976年)からわずか4年、「『ポパイ』の卒業生のための雑誌を作ろう」と言い出した木滑良久(当時『ポパイ』編集長、現・マガジンハウス最高顧問)を筆頭に、テレビ番組 『トゥナイト2』(テレビ朝日系)の司会も務めた石川次郎が編集長として関わり、雑誌『ポパイ』、『エッセ(ESSE)』(扶桑社)などのタイトルロゴを手掛けた堀内誠一がアート・ディレクションを行った。また、ザ・フォーク・クルセダーズの作詞で知られる松山猛、写真家の三好和義、ジャーナリストの都築響一も制作に参加。創刊当初のキーワードは“悦楽男”。都市で生活し、時にはアウトドア・ライフを楽しむ大人の男の雑誌を志向しており、創刊号には「男が海に出る この行為に理屈は必要ない」、「男の化粧品には匂いなど必要ない」、「日曜の朝はゆっくり起きシャンパン・ブランチを楽しむ」、「パーティにはタキシードを着て出掛けたい」などの記事が掲載された。いわば、今日の男性向けクオリティ・マガジンの元祖的な存在である。

さらに当時は「どこかへ旅しては、面白いネタを拾ってきて特集にする」という編集方針のもと、木滑、石川両氏が若手スタッフを連れ世界中を旅したという。「地中海を行く」(1980年9月号)、「ブルータスのハワイ特集 羨望のハワイ不動産ガイド」(1980年10月15日号)、「黄金のアフリカ」(1983年4月1日号)、「デザインの王国 イタリア」(1980年5月1日号)、「ベトナムの夏」(1985年8月1日号)など、30カ国以上の国々を特集。海外取材費に糸目を付けない編集方針が、バブル経済前夜の時代の雰囲気にマッチして成功を収めた。なかでもニューヨークは特別で、1982年9月15日号、10月1日号の2号連続で刊行した「史上最大のニューヨーク特集」を皮切りに、80年代だけで8回も特集している。そこには例えばアートなら、当時まだ新進作家だったラメルジーやバスキアが、音楽ならプリンスやフィリップ・グラスが顔を揃え、最新のカルチャー情報で読者を夢中にさせていた。

そのほかのビッグヒット企画といえば、まず「裸の絶対温度」(1985年9月15日号)は外せないだろう。『ブルータス』創刊5周年を記念した特大号として発売された1号目は、浅井慎平や加納典明、立木義浩、アラーキーなど38人にもおよぶ有名写真家のヌード写真を掲載。“桜田門”をも納得させた「アートとしてのヌード」特集は、多くの読者にセンセーショナルな衝撃を与え、その後も数年にわたり同テーマで特集が組まれる人気企画となった。そして現在も続く長寿企画で、『カーサ ブルータス』(マガジンハウス)創刊のきっかけとなる「居住空間学」シリーズ(1982年6月1日号)。専門誌ですら取り上げることのなかった居住空間としての「家」と「インテリア」を、“スタイルのない空間には住みたくない”と謳い大々的に特集。しかも、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京の5都市で同時取材を行い、ポップなニューウェーブ・ファニチャーからインテリアの新傾向まで、国内外のカッコいい居住空間のスタイルブックを作り上げた。そしてもう一つヒット企画を挙げるとすれば、セックス特集だろう。「SEXについていま、知っておくべき100のことがら。」(1981年4月1日号)に始まり、実はニューヨーク特集と同じく、80年代だけで8回も特集を組んでいる。その多くが100コラムズだったりAtoZのようなセックスのノウハウを紹介するという構成が多く、セックスを知的悦楽として捉えていたとも取れる。かくして『ブルータス』は真剣に遊ぶ大人の雑誌として、80年代の日本に、世界各国の様々な“悦楽”の形を提唱していった。

 

http://booksch.com/pic/amazon301.png

只今雑誌#BRUTUS ( #ブルータス ) 特集 をamazonマーケットプレイスに大量出品させて頂きました。ぜひFANの方におかれましては、Checkなさって下さい。(上の写真又は以下の「そんなんイランイラン」の女の娘をクリックして頂ければ商品URLにリンク致します。)
f:id:books_channel:20180301233004g:plain

BRUTUS(ブルータス)は、株式会社マガジンハウスが発売するライフスタイル情報誌です。の…特集をどうぞ、よろしくお願い致します。

http://booksch.com/pic/amazon301.png

 


 

[スポンサードリンク]