八尾市古本買取全国対応 | Books Channel本屋物語

八尾市古本買取LP買取全国対応 | Books Channel本屋物語 | 読書が出来る事、本屋が出来る事、生活の中の想像力と感動に貢献させて頂く事を毎日考える本屋のブログ

[Bookschannel meet amazonマーケットプレイス | 2020年02月14日号 : #POPEYE ( #ポパイ) 1980年~2001年 特集 その1: #マガジンハウス #男性向けファッション雑誌 #カタログ文化

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/819JJijVxQL.jpg

http://booksch.com/pic/amazon301.png

[Bookschannel meet amazonマーケットプレイス | 2020年02月14日号 : #POPEYE ( #ポパイ) 1980年~2001年 特集 その1: #マガジンハウス #男性向けファッション雑誌 #カタログ文化

POPEYE (ポパイ) 1982年6月10日号 車は夏の機動力

POPEYE (ポパイ) 1982年6月10日号 車は夏の機動力

  • 作者:木滑良久
  • 出版社/メーカー: 平凡出版
  • 発売日: 1982/06/10
  • メディア: 雑誌
 
POPEYE (ポパイ) 1985年7月25日号 ぶっとばせ!ニューRZ250 FFセリカ2000GT スカイライン2000 GTターボ

POPEYE (ポパイ) 1985年7月25日号 ぶっとばせ!ニューRZ250 FFセリカ2000GT スカイライン2000 GTターボ

  • 作者:石川次郎
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 1985/07/25
  • メディア: 雑誌
 
POPEYE (ポパイ) 1982年1月10日号 HAWAII 冬にハワイへ行く、が大正解。

POPEYE (ポパイ) 1982年1月10日号 HAWAII 冬にハワイへ行く、が大正解。

  • 作者:木滑良久
  • 出版社/メーカー: 平凡出版
  • 発売日: 1982/01/10
  • メディア: 雑誌
 
POPEYE (ポパイ) 1980年11月25日号 この冬を動かす Fashion Animation Pick up Track

POPEYE (ポパイ) 1980年11月25日号 この冬を動かす Fashion Animation Pick up Track

  • 作者:木滑良久
  • 出版社/メーカー: 平凡出版
  • 発売日: 1980/11/25
  • メディア: 雑誌
 
POPEYE (ポパイ) 1981年11月10日号 ボクたちの仕事は恋愛です。

POPEYE (ポパイ) 1981年11月10日号 ボクたちの仕事は恋愛です。

  • 作者:木滑良久
  • 出版社/メーカー: 平凡出版
  • 発売日: 1981/11/10
  • メディア: 雑誌
 
POPEYE (ポパイ) 1980年9月10日号 pop eye ただいま大到着 新鮮ポップ・アイ!

POPEYE (ポパイ) 1980年9月10日号 pop eye ただいま大到着 新鮮ポップ・アイ!

  • 作者:木滑良久
  • 出版社/メーカー: 平凡出版
  • 発売日: 1980/09/10
  • メディア: 雑誌
 
POPEYE (ポパイ) 1980年10月10日号 いま、バイクに夢中

POPEYE (ポパイ) 1980年10月10日号 いま、バイクに夢中

  • 作者:木滑良久
  • 出版社/メーカー: 平凡出版
  • 発売日: 1980/10/10
  • メディア: 雑誌
 

 

 

f:id:books_channel:20191222043345j:plain

http://booksch.com/pic/amazon301.png

只今雑誌#POPEYE ( #ポパイ) 1980年~2001年 特集 をamazonマーケットプレイスに大量出品させて頂きました。ぜひFANの方におかれましては、Checkなさって下さい。(上の写真又は以下の「そんなんイランイラン」の女の娘をクリックして頂ければ商品URLにリンク致します。)
f:id:books_channel:20180301233004g:plain

ポパイ(POPEYE)は、マガジンハウスから発行される日本の男性向けファッション雑誌・情報誌である。毎月10日(日祝日の場合は8・9日)発売。
木滑良久が初代編集長として、1976年(昭和51年)に創刊。アメリカの現代的生活様式を日本に紹介し、初期には若者風俗をリードするなど社会に大きな影響を与えた。一時はおしゃれの代名詞ともなり、流行や遊びに敏感な都会的男子を指して「ポパイ少年」などと呼ぶこともあった[1]。
発売日を同じくする集英社の「MEN'S NON-NO」と並び、モード界、欧州ラグジュアリーブランドに関する情報に強いのが特徴。


1980年 - 1989年
1980年代に入り、ファッションやサブカルチャー・ライフスタイルを紹介する、『平凡パンチ』との差異化のためにそれまで扱わなかったセックス記事を掲載しはじめ、1980年代中盤のDCブランドブームの牽引者となる一方、追随し同じ層をターゲットにして創刊された講談社の『ホットドッグ・プレス』(1979年 - 2004年)、集英社の『メンズノンノ』(1986年 - )とともに、人気男性誌となった。
また、同誌を中心とした雑誌を購読する世代の文化を「カタログ文化」と呼び、1980年に文壇にデビューし、その後寄稿者ともなった田中康夫の小説『なんとなく、クリスタル』とともに、揶揄する論調も存在した。

1990年代以降
バブル景気とその崩壊後もターゲットの読者層は変わらず、『平凡パンチ』や『ホットドッグ・プレス』亡き後も発行を続けたものの、2004年から再び月刊誌となる。その後何度かリニューアルを重ねて、現在も20代前半のファッションマガジンとして情報を発信している。

2012年5月号より新装刊され、改めてキーワード「シティボーイ」を前面に押し出し、コーディネート、インテリア、旅行、カルチャーなどに関する情報を発信している。判型、綴じ方式などを一新したほか、巻末の協力店舗リストが廃止され、カルチャー連載記事が白黒刷りに変更されている。

http://booksch.com/pic/amazon301.png

 


 

[スポンサードリンク]