読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Books Channelの本屋物語

ブックスチャンネルのBLOG日記 : NO BIRDS CAN FLY HIGHER THAN IMAGINATION : 全国に本を中心にアナログ盤(LP盤他…)等をお届けさせて頂いております。(amazonマーケットプレイス他…) Books Channel Webamsterが運営するBLOGです。書店運営は天命であり、本と音楽が可愛くて仕様がありません。…好きな言葉は2つあります。「想像力より高く飛べる鳥はいない」と「ChangeとChanceは一文字違い」です。

映画も物語のようなもので出来ている。…クエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)+エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)=/情とは???/--- 篇

MOVIE-映画の巻 Think!-思想・哲学の巻 Think!-政治・経済の巻

f:id:books_channel:20160101194413g:plain

1.期待は募るばかり…エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)とタッグ組んでのクエンティン・タランティーノの新作。そりゃ根性入るでしょうね。…

www.youtube.com

www.youtube.com

2.何ゴトも意味なんか無いと云えば…それはそれで正解っちゃ正解なんですが…そうすると…全てCloseで終わっちゃいますモノで…如何に面白がられるか?如何に楽しめるか?にかかっているワケでしてね…「ご飯食べながら」…「哀しいコトや辛いコト考えるとチットも旨くないワケでして、喉も通らない…」…で、「哀しいコトや辛いコト」がこの世の中から全て無くなれば良いんですが…そうは社会は相当複雑で許してはくれない。…で、ドチミチ生きるために「ご飯食べるのなら」「美味しい方が良いワケでして」ね…で心のエンジンブルブルにも想像力が不可欠に違いなく…盛り上げるにも…コツがいるんだよなぁ…これが等と思っていたりする今日この頃です。

3.昨日書いた以下の「天才」の部分なんですが…田中角栄にある浪花節の「情」の世界っていうのは何か???って考えてましてね。日本人には大切な世界なんだろうとは解っているんですが、義理と人情というのは言葉と感覚では理解しているつもりなんですが…(今の政治家ならば亀井静香に私はそれを感じております。)で、私はJAZZを始め音楽はタップリ聴くんですが…「講談」「落語」に興味を持っても「演歌」系や 「浪花節」ってものを全く聴かないものでして、浪曲と云われれば…「逃げた女房にゃ未練はないが~」しか出てこない。…こりゃ今年は「浪曲」 「浪花節」に挑戦しよう???と思って【浪曲】二代目広沢菊春「徂徠豆腐」 から始めようと思った2016/01/06 です。でね、いいですね。「広沢菊春「徂徠豆腐」…講談のMusical又は、映画におけるOSTと映像の融合との関係性について考えておりました。…こりゃ常連のUEちゃんのお兄ちゃんにしっかり教えてもらわなきゃ…というコトで大変失礼致しました。

booksch.hatenablog.com

www.youtube.com