思考も物語のようなもので出来ている。…「1000円の消しゴム」 篇

f:id:books_channel:20150701195140j:plain

1000円しか持っていないのに、「1000円の消しゴム」を買ってしまう人に私は「おっ」となる。…村松友視伊丹十三はそのような人だと例えていたが…なかなかできない。…しかし、そのようなコトを出来る人を見ると…実にCoolにも感じずにはおられない私もいて…実に妙である。…他人様がそうされると…「おっ」…格好良いじゃない…となる部分もあるが…身内がそのようなコトをすると…「後のことを考えて行動しなさい」と注意をしてしまうかもしれない???。…「なんなんだろう?」と思うも…経験が産んだリスクマネジメントの思考の流れというか???後先考えていない行動???に対しての嫌悪感というか???生活の責任者の立場になった現在の私では…憧れるがナカナカできない。…どうも何だか面白くない。生活の責任者の立場などとっととサヨナラしたいものだと思いながら…1000円しか持っていないのに、「1000円の消しゴム」を買ってしまう人にやっぱり私は「おっ」となる。