八尾市古本買取全国対応 | Books Channel本屋物語

八尾市古本買取LP買取全国対応 | Books Channel本屋物語 | 読書が出来る事、本屋が出来る事、生活の中の想像力と感動に貢献させて頂く事を毎日考える本屋のブログ

#ちょっと休憩Time : 2018年04月30日 月曜日 23時29分 篇 

f:id:books_channel:20160618183853j:plain

同じ歳の古い友人の訃報を知り、色々思い出す。

01.Guitarが大変ウマカッタ。
02.男前だった。
03.糖尿だった。
04.警察に一度捕まった。
05.「嫁は、云っても解らない時は、殴らなしょうがありませんよ」と云っていたので、それは違うと反論した。…
06.宇野正美氏を支持しており、よくLIVEに誘われたが、丁寧にお断りをさせて頂いた。
07.私の前で数度ボロボロ泣いた。…
08.口癖が「僕は頭打たな、解らないんですよ」と云っていた。
09.仕事関連で、仲の良い相棒が一人おり、二人でプロジェクトを進めていた。羨ましかった。
10.内村鑑三の「代表的日本人」を素晴らしいと云っていた。…
11.JAZZを弾いてと頼んだら…「Someday My Prince Will Come」を弾いてくれた。
12.大貫妙子を絶賛していた。
13.哲学=宗教「心の科学は全て宗教」だと云いきるので、大声の怒鳴りあいの喧嘩となった。…弟が仲裁に入った。弟も友人についたので、こやつらとは、暫く絶交しようと思った。
14.勝った負けたに拘った。
15.「ギターは勝ち負けなんですよ」も口癖だった。
16.下の名前を変えた。
17.変えた時、「それは如何なものか?」と問うた?
18.知っているだけで5つ以上仕事を変えた。
19.私が不在の折、最期に携帯の新しい電話番号だと云ってBooks Channelの店頭まで来てくれて、伝言のメモをスタッフを通して教えて貰ったが、別段用事も無いので、電話をしなかった。…
20.結構な月日が流れた。
21.「人間生まれた時から差別ですよ」も口癖だった。
22.子供の時、アバートの1つの部屋に7人住んでいたんですよ。だから一人暮らしした時、どんだけ嬉しかったか?と云っていた。
23.ずっと私のコトを「店長」と呼んだ。
24.「店長お茶行きましょ…行きましょ…」と2度「行きましょ…」を云った。よく誘ってくれた。
25.なんだか泣けてきた。…

このBLOGの記事を彼に捧げます。…心いっぱいのご冥福を…